新しいスタート

おはようございます。
9月27日に千登世庵を卒業しました。
58年続いた初代は祖父から始まり2代目は父が。3代目は私がやらせて頂きました。

いっぱいのお花に囲まれました。みなさんありがとうございます
大好きなみなさん。本当にありがとう
スタッフのみかちゃん、芦屋さん最後まで本当にありがとう!


お店が終了する間近に、沢山の方々がお蕎麦を食べにきてくださり、
普段会えないような方にも会えて、目に涙を浮かべながら仕事をしていました。

私は6年間3代目としてやらせて頂いたのですが、最初の方は父が脳内出血で倒れたり、
母はすべり症で手術をしたり、二人とも無理をしていたんだなと後になってわかりました。
6年前に「店を閉めよう思う」と言った両親の台詞に、今まで夢を追いかけさせてくれた両親に恩返しをしたい。そして大好きだった祖父のお店をなくしたくない一心で働いていました。

そんな時に千葉から東京へ拠点を移し、15年間千葉に住んでいた私は都会の暮らしに戸惑いながらヨガを再開し、ヨガをすることで海を思い出していた。ヨガをやることで救われていたのかもしれない。
蕎麦屋をやったからこそヨガのインストラクターへの道にたどり着いたと言っても過言ではありません。


たった6年間ではありましたが、私の人生の中で多くの人たちと会うことが出来、楽しい時間を過ごさせてもらい、修行と忍耐の勉強にもなりました。

両親に大きく感謝です。
私にお店をやらせてくれてありがとう。
きっと足が痛かったかもしれない。腰も痛いって言ってた。目も見えなくなって、ストレスがある中、みんなで協力しあって過ごしてきたあの日たちはきっとこれからも続く。
これからは二人とも、ゆっくりと過ごしてください。
私は両親をとても尊敬しているので、今後はゆっくりと共に過ごしていきたいと思います。
何より母が「ヨガが楽しい!」と言って私のレッスンを受けてくれてるので、とても嬉しいです。

ヨガインストラクターとしての人生頑張りますので
みなさんどうぞよろしくお願いいたします。
千登世庵に食べにてきてくださった皆様、応援してくださった皆様、
本当にありがとうございました。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA