不安な日がとても素晴らしい日に変わった今日

実は母が蕎麦屋をやめてから、あちこち体の不調が出て、正直あまり元気がない日が続きました。
そして耳も急に遠くなって、「テレビの音が大音量で心配だ」
と父から聞いたので、母に聞くと「最近遠くの人が喋ってるような感じでしか聞こえない」というので耳の中を見てあげたら、何かがあるように見える。
「これは私はいじれないから病院へ行っといで」と伝えたら、小さなオデキがあって、それを取って、掃除をしてもらったらしく、また聞こえが戻ったとのこと。

一安心していたのに、今度は右耳が異常に聞こえなく、元々聞こえなかったのだが、
手術を2回もしているので、もしかしたら何かまた病気が進行してしまったのかと心配して、通ってる病院へ見てもらうと、「ここではこれ以上出来ないので」と
慈恵医大を紹介してもらうことに・・

母は黄斑変性で目もはっきり見えないので、イギリスにいる姉がすごく心配して、
「ゆみえちゃん病院に一緒について行ってあげてよ、お母さんつまづいたら階段から落ちちゃうよ」と言うので、私も心配になって一緒に行くと言うと、頑なに断ってくるので、
こうなったら朝同じバスに強制的に乗っちゃおう!!という作戦で前日まで何も言わずに知らないふりしながら、早めに寝ることに。

①バス停の後ろあたりにマスクをしてニット帽を被って変装して並ぶ
②学校に行くと嘘をついて、同じバスに「おはよう〜、あ、同じ時間だね〜」としらを切って乗る
③ギリギリまでバスが来るまで待って、お母さんが乗った後に即乗る!

このどれかで行こう!と
今日朝早く起きて、お母さんはこのバスに乗るはず〜っと思い、時間を見ながら、
「まだ余裕だな!でも早めに行こう」とバス停を見ると、お母さんらしき人が!
私がこれに乗るはずと見ていたバスじゃないバスに乗ってるじゃありませんか!
ヤバーーーーーー「乗ります乗ります!!」と手を挙げて急いで走って乗ったら、バスの中でお母さんとバッチリ目があっちゃって、上記の3つ全てが台無しに・・・

正直に言いましたよ。
「お母さんが心配で」とそしたらあんなに頑なに断ってたお母さんが
「いいって言ったのに・・」と言いながらなんだか嫌でもなさそうだったのです。

1時間半も早くついちゃったので、朝ごはんを食べた後まだ時間があったので
コーヒー飲もうよと、私はカフェラテ、お母さんはアメリカンコーヒーで。
テーブルにカフェラテとコーヒーを置いて、私はトイレへ。
戻ったらお母さんが私のカフェラテを飲んでたので、「あれ?お母さんのはこっち私のはカフェラテ」とアメリカンコーヒーを出したら
「いいのよこれ美味しいじゃないの。なんていうの?カフェ寺?」と言うので
「ううんカフェラテ」「え?カフェえら?」「ううんカフェラッテ」「カフェってら?」
なんか耳が今遠いので、大きな声でこのやりとりをしてたら周りが笑い始めたので、
「いいよ後でね」と言ってるのに「カフェテラね〜」とお母さん。

そんで持って、病院へ無事到着するも、異常なしで、お母さんは
「絶対手術って言われるのよ」が「手術は成功してるので、特に今のところ大きな問題はないですね〜もうこちらに来なくて大丈夫です〜」
って言われて、とても安心した顔していた。
しかもウキウキしちゃって、DEAN &DELUCAが病院の中にあって
「これかわいいね、買っていっちゃおうか」とかすごく明るくなって・・
良かった・・

うちの母はとにかく我慢強く、弱音を吐かないでお店を50年間もやってきたので、
その癖なのかな。。痛いのも我慢しちゃうし、きっと不安で心細いこともどうやって消化したらいいのかわからないんだと思う。
きっと吐き出してしまうと、弱さに負けちゃうと思ってるんだろうね。
でもいつも常に先を考えて不安を抱えて、用意をたくさんしてる。
なので今日こう言うことがあって
「ね、手術しないで良かったでしょ。絶対手術になるって思い込んでいただろうけど、
実際はそう言うことなかったよね。きっとこれからそう言うふうにいいこといっぱいあるよ。あまり先の不安を決めて生きていかないでね」と伝えた。

いつも頑固なお母さんが「うん。そうだね」と。

そして朝の駅は人がいっぱいいて、お母さんと腕を組んで歩いた。
ふと気づいたのが、周りの人がお母さんが歩きやすいように、さっと避けてくれる。
今まで私は学校で急いでていつも人にぶつかってしまうことが多く、都会は嫌だなぁ。
人がいっぱいでぶつかってしまうし嫌だなぁ
と思っていた。

自分からぶつかっていたんだ。と気づいた
いつも余裕がなく急いでる私。走ってることも多いし、しかめっつらしているかも。

お母さんが通りやすいように、周りの人々は優しかった。
電車の中もお母さんが手すりにつかまりやすように、空間を開けてくれてた。
あの忙しい通勤の時間帯にそんな風景を見て、あぁ、全ては自分次第なんだと
気づかされた。

お母さんはゆっくりと歩いていて、その歩幅に合わせて歩くと、周りの景色が違って見える。そんなに嫌でもなかった。
たった半日の出来事だけど、とても大切な時間だったように思う。
お母さんありがとう。
たまには朝早くお喋りするのも良いね。

今まで頑張って生きてきたんだから、良いこといっぱいあるよね。
そして楽しく毎日を過ごして欲しいな。そして一緒にいることで色んなこと、気づかせてくれてありがとう。

今日はそんなスペシャルデイでした♪

ヨガを受けてくれてるお母さんと戸田さんとはるはるさん❤️

“不安な日がとても素晴らしい日に変わった今日” への2件の返信

  1. YUMIEちゃん
    とてもスペシャルなお話しをありがとうございます。
    お母さんとっても嬉しかったと思います。
    私もとっても安心しましたよ。
    良かったね。
    YUMIEちゃんありがとう。

    1. 島津さんいつもみてくださってありがとうございます。島津さんもお母さんみたいな存在です。島津さんも毎日笑顔でいられるよう想っています❤️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA