参院議員今井絵理子議員にお会いしてきました!!!!

本日参議院議員である今井絵理子議員にお会いしてきました。
現在、国会会期中のため議員会館ではなく、国会内の応接室にてお話しする機会を得ました。初めて国会内に入りました。(とても素敵な趣のある建物でした)

今年設立した「一般社団法人陽けたら海へ」の活動内容と私の想いをお伝えすることが出来た大変貴重な時間となりました。

「この陽けたら海へ、はどう言う意味でつけたのですか?」と社名である「陽けたら海へ」の由来を聞いてくださったり、読唇術で会話をする私の為に、すぐマスクを取ってくださり、手話交えて気さくに話してくださったので緊張はほぐれ、本当にお伝えしたい事をお話しする事が出来ました。

私緊張気味・・・


国会中継では字幕もなければ手話通訳もないので、聴覚障がいをもつ私にとってはただの映像となるのですが、ある日、聴覚障がいをもつメーリングリストの中で今井絵理子議員が国会中継の時に手話を使ってくださっているという動画がシェアされて来ました。

その映像はただただ感動の気持ちで溢れ、涙が出ました。
今井絵理子議員だけが手話で話してる映像でした。
それは聴覚障がいを持つ多くの人たちに感動を与えたと思います。

今井絵理子議員は難聴の人には字幕を、手話を必要とする人には手話通訳をと、
それぞれがわかるようなバリアフリー化の推進を国会に提案してくれています。


力強く歌を歌っている姿も
手話でお話をしてくれている姿も
どちらも力強い瞳を持った素敵な女性という印象でした。


私の想いや活動にも賛同いただき、
「ぜひ由美恵さんの開催するデフクラスのプログラムができた際には応援に行きますね」と言ってくださいました。

最後は世界共通のアイラブユーの手話で写真撮影をしてくださり、「頑張ってね!」と力強いメッセージを頂けました。

こんな貴重な時間となった事、とても光栄に思います。


会社を立ち上げることで私の意識は変わりました。
大変になったことは、かなり多いです。
でもなぜ、多くなったか?
「やりたいことが明確になった」からです。

ご支援いただいている理事メンバーには経営者の方々がいます。
その方が、こう言いました。
「大変なことが辛いと思うなら、簡単な解消方法がありますよ」
私は、「教えてください!」と言いました。
その方は、「夢ややりたいことを諦めればいいんです。夢は逃げない、逃げるのはいつも自分ですから」と笑顔でおっしゃいました。

「私は、どうしても聴覚障がい者が活躍できる社会を作りたいんです」
「だったら、張り切っていきましょう!由美恵さんの希望に近づくんですから決して辛いことなどないですね」

会社を作ったことはもちろんですが、今までとは別次元の経営者の方の意識や考え方、働き方を見ることができていることも貴重な学びになっています。

皆さん、私張り切ってやるので、応援してください!
どうぞ宜しくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA