コロナ感染防止策につきまして

皆さんこんにちは!
コロナの事態が深刻になってきましたね。

いや実はもっと前から深刻になってるのかもしれません。
ハワイにいる親友やイギリスにいる姉から
「日本はなんでまだ外出禁止にならないの!?信じられない!」
というメッセージがきます。

異常なほどの消毒に関する記事や、病院での感染の話をメッセージ越しに聞いてると
テレビで見るよりも怖くなります。
でも東北大震災の時もそうでした。ハワイだと米軍の情報で早く市民に情報が行き渡るそうで、日本よりも日本の情報が早くて当時は「嘘でしょ〜?」が現実になっていました。

そういうこともあって、今回のコロナの件でも海外の友人の情報はハラハラさせるものがあります。

でもこういう時、色んな人が不満や不安で、普段と違う行動を取りますよね。。
特にSNSでは安倍総理大臣や小池都知事への不満がいっぱい目に入ります。
みんな不安で不満がいっぱい。そう言う負の連鎖ってすぐ伝染しちゃう。
生活がかかっているし、これからどうなっちゃうんだろうという
愛する人たちへの心配からこういった形になっているのだと思う。
みんなが「買い占めするな!!」
と言うけれど、中には家族を守らなければいけないお母さんだったり、高齢の両親だったりみんなの食べるものは確保していきたいと思うのが本心ですよね・・

特に国民的スターである志村けんさんの訃報は本当にショックでしたね。

でも気付くことがあって、
「志村けんさんは笑いでいつも私たちを幸せにしてくれた」
と言うメッセージがとても多いことに気づきます。
悲しい時って胸も閉じて、肩も上がって、息が吸いづらくなるんですよね。
でも笑うと顔が上に上がって、胸も開いて、笑うから息をいっぱい吸いますよね。そしてなんだかハッピーな気持ちになりますよね。

芸人さんも笑いの連鎖も彼らは今できることを行っています。
私たちに出来ること、それはきっと今だからこそ、誰かと笑いあったり、
幸せな話をしたり、例えば写真を整理していたら、昔のことを懐かしんだり、
心が優しくなる時、誰かを助けたいと言う気持ちになります。

いつこの状況が収束を迎えるのかそれは誰にもわからないけど、安倍さんも小池さんもきっと必死。
みんな必死。世界中の人が怖がって、苦しんで、悲しんでるからこそ、
出来る精一杯のことを今やろう。

私は普段なかなかメッセージできない人に連絡をしては、いっぱい話をしています。
ヨガレッスンもしばらくの間はスタジオクローズです。
なのでゆとりを持って話をすることができています。
今思うと蕎麦屋の時の私なんか1分たりとも時間が惜しくて、友達と話なんてできなかった。

今の私、つまんないギャグなんかも自信いっぱいで伝えてるし、滑ってもなんのその。
「私にしかできないこと」きっとみんないっぱい持ってると思います。
その能力を発揮させてくださいね。
愛を持って伝えればそれは必ず誰かのためになる。

私へのメールなんでもいいのでお待ちしています!ので、悩みや、ヨガのことボディーボードのポーズのことなんでもメールしてくださいね!
お待ちしています♪

ハワイに住んでる彩子アンチェタアンチェタちゃんのSNSから。人が少なくなった海岸にハワイアンモンクシールが親子で現れたそう!亀さんも観光客がいないからいっぱい岩にくっついてる海藻を心ゆくまで食べてるんだそう。


皆さんもコロナに負けないで!

八丈島に行ってきました!

本来は、サーフトリップに行けるような状況じゃないのですが、旦那さんがずっと仕事の休みが取れなかったのが急に取れ、「八丈島行こうよ!」となり、私の方も学校もイベントも全てのスケジュールがキャンセルになったので、行ってきました!

八丈島は私が21歳の時に初めて訪れて以来、続けて通う年もあれば空いたりもしているけれど、かれこれ、15回は行ったかな。
しかも2回ほど住み込みで働いたことも。

八丈島って何だかあまり派手な島ではなく、人も少なくて特別感が味わえて温泉はスペシャル!
水温が高めで、冬に波がいいことが多いので、この時期によく行きます。
いつももうちょっと早い1〜2月に訪れていることが多いのだけど、今回は久しぶりの3月。

今まで寒く風が強い時期が多かったのでそれが体に染み付いていたのか、あれ?
20度ぐらいで、風邪も弱い日が多くてとーーーーーーっても暖かかった。
太陽いっぱい浴びて体がじわじわ元気になっていくのを感じました。
そして今回の宿泊先は初のガーデン荘!
旦那さんは2回ほど来ていて、知る人ぞ知るガーデン荘は夜ご飯がとにかく大盛りで、島焼酎は飲み放題!
色んな人たちがおばちゃんのお家を訪ねてくるので、ワイワイ賑やかでとっても楽しい!

えいこおばちゃんの顔が目印!中之郷にあるよ!

珍しいシダの木!こんな大きいの初めてみたよ!亜熱帯気候じゃないと育たないんだって!

しかも初日に大好きな石井さんにお会いできました!

波羅門の製作者であり、サーフィンワールドの編集長も勤めた偉大な石井さん!八丈島にもお家があります

石井さんは東浪見にもお家があって、東京にもお家があるので、なかなかどこにいるのかわからない中、八丈島でしかも波チェックに行く時にお会いできたことはとても嬉しい!
何気に初日のこのタイミングで石井さんに会えたことで、私のワクワク感が一気にアップしました♪大好きな石井さんにマッサージもしていただいて身体中ポカポカでした!
ありがとうございました!

サーフポイントは少ないので、ローカル優先。
挨拶もしっかりローカルの方を敬って必ずみんな挨拶をします。
リーフブレイクなので、どこから入水して、どこに戻っていくかはちゃんと確認をしておかないと大変なことに。
(私は毎年どこだっけーーーってわからなくなるので、目印を見つけておくと良いです)
ブーツも必ず持っていたほうが良いです。
ウェットは3ミリ。風が強い日はセミドライ。八丈島は風が強いことが多いので、寒がりの人はセミドライがお勧めです!

時々亀さんに会えることも。
おすすめの見晴らしの湯という温泉からは鯨が見えることも。
私は鯨さんの「ブシューーー」と潮を吹いたのが見えました!
風が強くてちょっと冷えた体に、波乗りの疲れがほんのちょっと心地よい。
雄大な八丈島の海を見ながらのお風呂はもうほんと最高です!

毎年通っていたハワイに今年は学業を優先するために、いくことを断念。
なのでこうして少しでもサーフトリップに来れたこと、楽しい出会いや石井さんに再会できたこと、友喜壮のおばちゃんに会えたこと、お天気にも恵まれたこと、釣りも大漁で、
ムロあじがいっぱい釣れたこと。
波もサイズがあって、宿泊中2ラウンド入れたこと、全てが感謝の気持ちでいっぱいで、
海に手を浸しながら「ありがとう・・」とメッセージを伝えた瞬間、亀さんが現れた。

私は亀さんはハワイでも海に語りかけると、海面から顔を出してくれるので、
「あぁ、海にちゃんと伝わってるんだ」ととても嬉しくも幸せな気持ちになります。
本当すぐ近くに現れてくれてとても嬉しかったです。

友喜荘のおばちゃんはここ4年ぐらいもう民宿をやっていなくて、私はここで住み込みで修行させてもらってて、大好きなおばちゃん。
そのおばちゃんずっと入院していたけど、今は素晴らしい立派な施設に入っていて、
会いに行きました。

おばちゃん大好きなおばちゃん!

おばちゃんはいつも私の眉毛を褒めてくれて「良い眉毛してるわ、ゆめいちゃん」って言ってくれてて、この日はマツエクしてたからかな「綺麗なまつげね」って言ってくれた。
何回も「今から明日葉とりに行こうか、夏蜜柑もおばちゃんの畑にあるのよ」って言って 「夏蜜柑おばちゃんの部屋のどこかにあるから持っていって頂戴」
という。私たちはありがとうを何回も言ったけど、おばちゃんはいつも必ず何かをあげたい人。いつも私はおばちゃんから沢山のものをもらってきた。

だからおばちゃんありがとう大丈夫だよと言うと
「本当に遠くからありがとう」と泣いてしまった。
私達も一緒に泣いた。
おばちゃんとの思い出がいっぱいあるから、おばちゃんが畑が大好きで、いつもいっぱいの野菜を持ってきて、「食べなさい」って言ってくれたのも覚えてるからね。
沢山のお客さんをもてなしてきたおばちゃん。
みんな優しいおばちゃんのこと大好きです。
最初あった時は「誰だったかな?」だったけど帰り際「思い出したわ!」と少し痩せたおばちゃん。また行くからね、ありがとうおばちゃん!
八丈島を昔から訪れてきた人はユウキのおばちゃんを知らない人はいないよね。
いつか八丈島を訪れたらおばちゃんに会いにいってみてね!

ワイワイ毎日が楽しかったです!加藤くん、あつしくんくんふかちゃん健二くんようのくんえいこバァありがとうございました!
栗林さんと秋田くん!お世話になりました!いつも優しくしてくれてありがとうございました!

栗林さんの美味しい地のり!!!そしてこの豪華なご馳走!美味しかったーーーーーーありがとうございました!
ユウキのおばちゃんちの前の海だよ。

20匹はあったよ!ちょうどお魚の群れが入ってきてラッキーだった!

八丈島フルーツレモンの大きさ!!おいしいんだよ〜おばちゃんがくれた!

石井さんちから見えるポイント!今日も石井さんはあの景色を見てるのだろう・・


また必ず帰ってきたい場所。八丈島。沢山の温かいおばちゃんのおもてなしと
そこに住む人たちの優しに触れたとても楽しいサーフトリップでした。
ガーデン荘でお世話になった今回友達になれたメンバーの皆さんまたどこか海で会えること楽しみにしています!

ヨガとは・・私なりの見解です

おはようございます!
最近はコロナウイルスの影響がとても大きく、症状が出ている方も
肺炎で苦しんでいる方も早く良くなりますように、そして少しでも早く改善されることを心から祈っています。
私は幼少時肺炎にかかって、喘息も患っていたので、とにかく苦しく、夜になるのが本当に怖くて、入院してる時は夜になると一人きりだったので、メンタル面も非常に心細く
神経がおかしくなってしまったこと覚えています。
あんな想いを今コロナにかかってる人がいると思うと心が痛いです。
早くみんなが元気になると良いな。そして春を笑顔で迎えられると良いな。
そう思います。

そして4月から木曜日のレッスン、午前中のビギナーと椅子ヨガだけになりました。
(ベーシックだけ、なくなりました)
是非スケジュールのご確認をお願いします♪
と、いうのも手話講習会がはじまって、今年3級を受けるので、手話の勉強もヨガの勉強と合わせて行っていきたいと思っています。
毎週、木曜日にきてくださっていた皆さんすみません。

また私はRYT500を取得中で、その中にRCYTがあります。
RCYTとは全米アライアンスキッズヨガインストラクターの資格です。
今勉強中なのですが、とても興味深く、ヨガインストラクターとして、キッズヨガを学ぶことは今後の私のクラスでもとても役に立つことがいっぱいです。

いつだったか、たまたまみてもらった占いで、
(占いはほとんどやらないしあまり信じない方だけどこの日の言葉がとても印象的でした)「あなたはこの道で死ぬまで学ぶことになりそう」と言われました。
それ聞いて、とっても嬉しかった。
終わりのない学びってことはずっと追求していけるということ。
私は「これ!」と思ったらすぐ行動に移したいタイプなので、いっぱい学んでどんどん自分に知識がくっついて行ってそれをお客さんに還元できるって、なんとも幸せなことだと思うからです。
でもそれをとてもシンプルにわかりやすく伝えることは、実は難しい。
ヨガには哲学があって、とても素晴らしく、毎晩哲学の本を読んでは
「この内容をどうやって伝えられるかな」といつも思います。
たまに「ヨガって宗教でしょ」と言われることがありますが、ちょっとそのまま読んでいってください。

私はいつもヨガの終わりの挨拶で「生きとし生けるもの全てが幸せでありますように」
と声を出してお話しします。
これはお釈迦様の言葉として言われていますが、
例えばネイティブアメリカンの中にも
「生きとし生けるものに敬意を示せば、彼らは敬意を持って答えてくれる。」という同じような言葉があります。
そしてハワイアンの言葉ALOHAスピリッツにも
「与えて与えて何も見返りも持たずにただ与える」という言葉があります。
そして、ヨガでは「善くあれ。そして善くせよ」という言葉があります。

これらの言葉で全てに共通していると私自身が思うことは、
全ての人、生き物、植物も樹も、大事にそして自分ができる事をしっかりと全うする事。
なのではないかと思います。
ただ想い願うだけではなく、自分が出来ることは何かしら必ずあるので、
自分のお役目をしっかりと果たす事。

その役割には人それぞれであって、それを見つけるには、まず自分に気づく事。
自分は何ができるかな?出来ることなんてあるのかな?
そもそも自分って何を思って行動してるんだろう。
そうやって色々観察していきましょう。でもじっとできないから最も楽な姿勢で、
呼吸がしやすくピンッと背中を伸ばして、座って。
でも目を開けていると、外のことに捉われてしまうから、目を瞑って、そして自分をみていきましょう〜っていうところから始まるのが瞑想。
だけどさらに体がじっとしていられないので、ポーズを加えて行ったのが今のヨガになって行ったと言われています。

だから宗教っていう言葉一つだけで片付けるのではなく、自分を見ていくための
修行の方が本当かも・・?
と私は思います。(あくまでも私個人の見方。)色々な捉え方の方もいるので、これが正しいとは言えないけど、私個人の考え方を書いてみました。

結局行き着くところは、みんなが幸せになること!
自分ができる事を還元して、そのさきに幸せが生まれてる様子を見たら
きっと幸せな気持ちが湧き出てくるよ。
少なくとも私がそうだったから。
目に見えてる先に幸せがありますように。
あなたにも、生き物にも、咲いているお花にも、樹にも。

じゃーーーーーーんぷ  photo by Ai FUTAKI




いえい!楽しくいこうね! Photo by Ai FUTAKI




大宮ろう学園ワクワクデフスポーツ

こんにちは!
そろそろ暖かくなってきましたね〜〜
私は趣味で、色んなお花やハーブなどを育てているので、新しい芽が出てきたり、生き生きしてくる様子が毎朝眺められてとてもハッピーです!

さて、題名の通り、先日大宮ろう学園主催のワクワクデフスポーツ大会にスタッフとして参加してきました。
こちらは卒業した今現在大学生のお兄さんお姉さんがスタッフとなり、また卒業したOBの方達のスポーツ(プロの陸上の選手やプロゴルファー・プロテニスプレイヤーなどなど)を通して小学生の子供たちにスポーツ体験が行える2日間で、1日目は100人〜2日目はお天気が雨というのに70人以上も子供達が参加したそうです。

私はJDSA(日本デフサーフィン連盟)のスタッフとしてお手伝い、またボディーボード体験も少しだけさせてもらい、講演会のトークゲストとして、子供たちに夢を叶える方法をお話しさせて戴きました。
JDSAのスタッフメンバーがみんな優しい人で、サーフィンオタクでもあるので、
非常に内容の濃いサーフィン体験ができたと思います。(本当に素晴らしい内容でした)

ブルーシートをチューブに見立ててライディング!!これは絶対面白いはず!!


体育館では各スポーツ選手のお話をプロジェクター使って子供たちにお話ししていきます。みんな真剣にみてくれました!




一部の写真マリオが隠れてるよ!

一部は体育館のステージで2部は室内で。スケボーもあるしバランスボードもあるしで、とても内容の濃いサーフィン体験会だと思います!

子供達のお土産にとアンバサダーをやらせていただいてるリオネット補聴器さんから
補聴器の漫画を50冊もプレゼントしてくださいました。
中には「これ、学校で読んだことある!!」というお子さんもいらっしゃって、リオネット補聴器さんは学校へも配布してるのだなぁと、とても嬉しくなりました。

リオネット補聴器https://www.rionet.jp

私はろう学校へ通ったことがないのですが、あれ!と思ったことがいくつかありました!
まず校内放送や音楽がないこと。
それで持って、学校内では携帯を弄っている子供が一人もいなかったこと。
どの子もちゃんと目を見て手話だったり口話だったりで伝えるので、目と目の合わせる回数がとても多いこと。
そして必ず校長先生や主催の方がお話をしてる時、みんなしっかりと聞いていて誰もざわざわ無駄話をしていないこと。

目で見る世界がとてもクリアなのです。
目で見る情報がとてもわかりやすい。
みんなとのお喋りも誰も困らないし、みんな素敵な笑顔と表情。
子供達は目がキラキラしているし、よく見てるから助けあったり、笑い合ったり、とっても素敵な世界だった。

私聞こえてたらきっとこういう世界知らなかったよなぁとしみじみ思います。
聞こえなくてよかったなぁなんて思うのはきっとこういう時。
そして素晴らしい先輩方たちがこうして周りにいる。
色々な困難や苦悩を乗り越えてプロになった先輩たちを見て、ぜひみんなも
頑張って次は君たちがメッセンジャーになるんだよ!!頑張れ!

実は前日に手話検定4級を受験した私。合格してると良いな。今年は10月にまた検定があるので、3級目指します!(←受かったつもり。ポジティブは大事)

大宮ろう学園の先生方たち、こんな素晴らしいイベントに参加できたこととても光栄に思います。そしてJDSAの皆さん誘ってくれてありがとうございます。
デフリンピックにサーフィン種目として選ばれると良いね。興味ある方は下記をクリックしてね!↓
https://jdsasurf.jp

みなさまお疲れ様でした!
沢山のデフキッズの可愛い笑顔やデフキッズスクールに参加してくれた子にも会えたり、
リオネット補聴器の工場見学に来ていたお子さんにも会えたり、なんと近所のお友達にも会えたりとても嬉しい1日でした!

ありがとうございました!

不安な日がとても素晴らしい日に変わった今日

実は母が蕎麦屋をやめてから、あちこち体の不調が出て、正直あまり元気がない日が続きました。
そして耳も急に遠くなって、「テレビの音が大音量で心配だ」
と父から聞いたので、母に聞くと「最近遠くの人が喋ってるような感じでしか聞こえない」というので耳の中を見てあげたら、何かがあるように見える。
「これは私はいじれないから病院へ行っといで」と伝えたら、小さなオデキがあって、それを取って、掃除をしてもらったらしく、また聞こえが戻ったとのこと。

一安心していたのに、今度は右耳が異常に聞こえなく、元々聞こえなかったのだが、
手術を2回もしているので、もしかしたら何かまた病気が進行してしまったのかと心配して、通ってる病院へ見てもらうと、「ここではこれ以上出来ないので」と
慈恵医大を紹介してもらうことに・・

母は黄斑変性で目もはっきり見えないので、イギリスにいる姉がすごく心配して、
「ゆみえちゃん病院に一緒について行ってあげてよ、お母さんつまづいたら階段から落ちちゃうよ」と言うので、私も心配になって一緒に行くと言うと、頑なに断ってくるので、
こうなったら朝同じバスに強制的に乗っちゃおう!!という作戦で前日まで何も言わずに知らないふりしながら、早めに寝ることに。

①バス停の後ろあたりにマスクをしてニット帽を被って変装して並ぶ
②学校に行くと嘘をついて、同じバスに「おはよう〜、あ、同じ時間だね〜」としらを切って乗る
③ギリギリまでバスが来るまで待って、お母さんが乗った後に即乗る!

このどれかで行こう!と
今日朝早く起きて、お母さんはこのバスに乗るはず〜っと思い、時間を見ながら、
「まだ余裕だな!でも早めに行こう」とバス停を見ると、お母さんらしき人が!
私がこれに乗るはずと見ていたバスじゃないバスに乗ってるじゃありませんか!
ヤバーーーーーー「乗ります乗ります!!」と手を挙げて急いで走って乗ったら、バスの中でお母さんとバッチリ目があっちゃって、上記の3つ全てが台無しに・・・

正直に言いましたよ。
「お母さんが心配で」とそしたらあんなに頑なに断ってたお母さんが
「いいって言ったのに・・」と言いながらなんだか嫌でもなさそうだったのです。

1時間半も早くついちゃったので、朝ごはんを食べた後まだ時間があったので
コーヒー飲もうよと、私はカフェラテ、お母さんはアメリカンコーヒーで。
テーブルにカフェラテとコーヒーを置いて、私はトイレへ。
戻ったらお母さんが私のカフェラテを飲んでたので、「あれ?お母さんのはこっち私のはカフェラテ」とアメリカンコーヒーを出したら
「いいのよこれ美味しいじゃないの。なんていうの?カフェ寺?」と言うので
「ううんカフェラテ」「え?カフェえら?」「ううんカフェラッテ」「カフェってら?」
なんか耳が今遠いので、大きな声でこのやりとりをしてたら周りが笑い始めたので、
「いいよ後でね」と言ってるのに「カフェテラね〜」とお母さん。

そんで持って、病院へ無事到着するも、異常なしで、お母さんは
「絶対手術って言われるのよ」が「手術は成功してるので、特に今のところ大きな問題はないですね〜もうこちらに来なくて大丈夫です〜」
って言われて、とても安心した顔していた。
しかもウキウキしちゃって、DEAN &DELUCAが病院の中にあって
「これかわいいね、買っていっちゃおうか」とかすごく明るくなって・・
良かった・・

うちの母はとにかく我慢強く、弱音を吐かないでお店を50年間もやってきたので、
その癖なのかな。。痛いのも我慢しちゃうし、きっと不安で心細いこともどうやって消化したらいいのかわからないんだと思う。
きっと吐き出してしまうと、弱さに負けちゃうと思ってるんだろうね。
でもいつも常に先を考えて不安を抱えて、用意をたくさんしてる。
なので今日こう言うことがあって
「ね、手術しないで良かったでしょ。絶対手術になるって思い込んでいただろうけど、
実際はそう言うことなかったよね。きっとこれからそう言うふうにいいこといっぱいあるよ。あまり先の不安を決めて生きていかないでね」と伝えた。

いつも頑固なお母さんが「うん。そうだね」と。

そして朝の駅は人がいっぱいいて、お母さんと腕を組んで歩いた。
ふと気づいたのが、周りの人がお母さんが歩きやすいように、さっと避けてくれる。
今まで私は学校で急いでていつも人にぶつかってしまうことが多く、都会は嫌だなぁ。
人がいっぱいでぶつかってしまうし嫌だなぁ
と思っていた。

自分からぶつかっていたんだ。と気づいた
いつも余裕がなく急いでる私。走ってることも多いし、しかめっつらしているかも。

お母さんが通りやすいように、周りの人々は優しかった。
電車の中もお母さんが手すりにつかまりやすように、空間を開けてくれてた。
あの忙しい通勤の時間帯にそんな風景を見て、あぁ、全ては自分次第なんだと
気づかされた。

お母さんはゆっくりと歩いていて、その歩幅に合わせて歩くと、周りの景色が違って見える。そんなに嫌でもなかった。
たった半日の出来事だけど、とても大切な時間だったように思う。
お母さんありがとう。
たまには朝早くお喋りするのも良いね。

今まで頑張って生きてきたんだから、良いこといっぱいあるよね。
そして楽しく毎日を過ごして欲しいな。そして一緒にいることで色んなこと、気づかせてくれてありがとう。

今日はそんなスペシャルデイでした♪

ヨガを受けてくれてるお母さんと戸田さんとはるはるさん❤️

デフヨガインストラクター

皆さんこんにちは!
寒い日と暖かな日が繰り返して、春になりつつありますね。
今年は冬らしい冬をあまり感じられなかったけど、想いはそれぞれに・・

さて、今回の題名は「デフヨガインストラクター」です。
デフ=聴覚に障がいのあるという意味なのですが、もちろん聞こえない私もデフです。
でもデフの中にもまた種類があって、
●生まれつき聞こえない(聾唖)=手話での会話が多い
●難聴者=聞こえないけど話すことが出来る(手話やらない人が多い)
●中途失聴者=手話の人・口話の人・どちらもまだこれからな人(出来る人も多い)
などなど色々な聞こえ方があります。

皆さんは私が当たり前に手話ができると思っていて、最近手話が出来るようになったというとみんな驚きます。
私は聾学校を出ていないので、手話を使うことがなく、友達に聞こえない人がいなかったので、口話を使った会話(主に口の動きを読む読唇術)のみでした。
なので、大人になってから手話を覚えるようになったので、まだまだ使いこなせていませんが日々勉強中です。

なのでデフヨガは簡単な手話を使ってレッスンを進めていきます。
難しいヨガの名前はホワイトボードを使ったり、盲ろうのかたが来てくださった時は、
一つ一つの動きをしっかり把握してもらってから、ポーズを完成してもらいます。
だから通常のレッスンとはまた違い、一つ一つをちゃんと理解してから行っていくので、完成度が高いのです。

インストラクターになった今でも他のヨガレッスンを一般人として受けに行くことがあります。そんな時、初心に戻って、(まだまだ初心者なのですが)気づくことが結構あるのです。

まず瞑想の時間。私たち聞こえない人は目をつむると情報が遮断されてしまうので、目は閉じません。
開けたままで、先生の言ってることを確認します。
でも私が習った瞑想は目をつむるか、もしくは下を見るか、そこで先生が何かを話していきます。きっと大事なこと。瞑想に必要なこと。
でも聞くことが出来ない。先生の口の動きを見ても、きっと解読できない。
だって初めて聞く内容は聞こえない私たちは理解するのが難しいから。

そしてマントラが始まります。
ヨガのレッスンではほとんどのレッスンがマントラを唱えます。
周りのリズムが聞こえない私たちは周りに合わせることがとても苦手。
なので最初からいきなりつまづく感じを味わってしまいます。

孤独感というか、面白くないというか、ヨガの先生はとても優しい人が多いので
そんなことは気にしないで自分のペースで行ってくださいねと言ってくれるけど、
でもやっぱりマインドが穏やかじゃない。次は何をやるんだろう、今何をやってるの?
いつ始まるの?あ、始まった、え?なんのポーズ?あ、私だけ違う!
終始こんな感じです。

これがきっとデフの声。
だから私のレッスンでは少し変わった形式で行っていくようだけど、全員が
「なるほど!あの時こういうことをやっていたんだ!」「呼吸ってこういうこと!」と
笑顔になってくれる。
それが私は何より嬉しくて。
本当に心から楽しい。
だから私はデフヨガインストラクターになったのです。
でも聞こえる方もいらっしゃるので、もっともっと学びを深めたいと日々思っています。
そしてプラクティス。

練習を日々重ねること。
学びも、想いも。



八街聴覚障害者協会の皆さん。手話でワイワイとっても楽しかった!呼んでくださって本当にありがとうございました!


先週盲ろうの方のレッスン2回目来てくださいました。
太陽礼拝覚えててくれて、一つ一つのポーズをちゃんと理解して進めていく姿は、素晴らしかったです。
呼吸と合わせることの大切さをしっかり自ら感じ取っていく姿を見ると、とても嬉しい。
写真はないけれど、いつかみんなで撮りたいね。

まだまだな私だけど、とても楽しいです。
多くの皆さんと会えますように!
今日もありがとうございます!



この写真はデフのみんな三十人あまりいるよ!手話での会話は楽しかったな!唯一一人だけ健常者がいます。それは今手話を勉強しているみかちゃん❤️

リオネット会新年会!

おはようございます!

先日リオネット会新年会のため帝国ホテルに行かせていただきました
今年で12回目になろうとしています。
そうです!
今年もリオネット補聴器のアンバサダーをやらせていただけることになりました!

メイドインジャパンであり、2017年にデザイン賞も受賞しているリオネット補聴器。
キッズ応援プロジェクトも行っています。是非ご覧ください。


毎年見るのがとても楽しみなメインロビー。いつも素敵です
今年は子年!溶けちゃう前にパシャり!2020年リオネット会!

思えば、まだアンバサダーをやらせていただく前に、販売店さんに島に行く前は必ず、点検をしてもらって、その時の状況を聞いてもらっていました。
恋の話や夢の話、いつも「そうだね、いいね気をつけていってね」なんて親身に聞いてくださって、本当に優しい会社でもあります。

2歳の時に聞こえないとわかってから共に歩んできた補聴器は宝物です。
このリオネット補聴器をつけているからこそ「聞こえないって全然わからないね」
「綺麗に喋るね」「ゆみえさんが聞こえないってこと忘れちゃうぐらいだよ」と言われます。
そして一年に一回だけしかお会いできない皆さんに、
「年々話しかたが綺麗になっていくね」と褒められます。
補聴器の技術がぐんぐん上がっていくから、音の聞こえ方もより自然に綺麗に聞こえているということですね。

私の耳は進行性の感音難聴ですが、聞こえなくなってきて本来ならほぼ聞こえていない状態なのですが、補聴器のおかげで聞こえる人と同じように生活ができているのです。

まさにDream!でも現実!
だから宝物って私がいうのもわかるでしょう
聞こえなくなることが不安で、ゆっくりできなくて急ぐように夢を追いかけていくことを
周りは「焦りすぎ。もっとゆっくりしなよ」と言う。
でも今出来ることを最大限の力で向き合っていきたい。
そう思えるのは、今の私の耳があったから。
補聴器はそんな私にそっと寄り添って応援してくれている。
だから負けるもんか!って
何度耳を握ったことか。

リオン株式会社 清水健一社長とピクシー君との貴重なお写真を頂きました!!とても嬉しいです!!

「ゆみえさん頑張って!!」っていつも聞こえる。
だから私は頑張れるのです。
いつも暖かく見守ってくださり素晴らしい補聴器をありがとうございます。
またこの新年会に来ることが出来て、帰り際、ライトアップされたイルミネーション並木をゆっくりと歩きながら、一歩一歩。

2020年も沢山の音と共に駆け抜けます!
皆さんどうぞご支援ご声援をよろしくお願いいたします。
リオネット会の皆様お会いできて本当に嬉しかったです。
ありがとうございました!

リオネット補聴器 https://www.rion.co.jp



鈴木大地スポーツ庁長官のもとへ表敬訪問をしました

鈴木大地長官とても気さくで優しく聞いてくださいました!
左から大原さりプロと相田桃プロ
緊張してます あけ海のパンフレット渡すことが出来ました!
前山理事長と素敵な笑顔の鈴木大地長官

先日文部科学省スポーツ庁へ鈴木大地長官のもとへ表敬訪問をしました。

ボディーボード連盟の前山理事長はボディーボードの説明、誰でも気軽に波に乗れるボディーボードの楽しさを、アピールしました。

2019年度ワールドチャンピオンの大原沙莉プロと
2019年度JPBA(日本ボディーボード連盟)グランドチャンピオンの相田桃プロからは
昨年の大会成績の報告とボディーボード認知ために今後やっていきたいこと、YouTubeでボディーボードを広めていく活動をすることなどをお話ししました。

それぞれが語るボディーボードへの
想いは鈴木大地スポーツ長官に伝わったと
思います。

私が個人的に感じたことですが
鈴木大地長官は
皆さんがボディーボードのこと
情報発信をしていくよう
頑張ってくださいと言われました。

その言葉に
情報発信していくこと=行動していくこと
また、ボディーボードの普及活動に力を
入れていかないといけないと更に
思いました。

前山理事長はボディーボード連盟を盛り上げます!

http://www.jpba.org/

大原サリちゃんと相田ももちゃんは
YouTubeを始めました!

この日来れなかったけど、
鈴木あやかちゃん(2018年度世界チャンピオン)もYouTubeやってます。

私はあけ海の事をお話しさせて頂きました。

みんなボディーボードを
盛り上げるために
今頑張っている子供達のために
そして
オリンピック競技になるために。

行動しています。

さぁ、あなたは
何をする?

ボディーボードが
大好きな人なら
その魅力を伝えるために
みんなで頑張っていきたいと思います!

また、この素晴らしい機会を
作ってくださった
イルヴリール加藤社長
ありがとうございました。

写真(鈴木大地長官が写ってる)
左から前山理事長
鈴木大地長官
世界チャンピオン大原サリちゃん
日本チャンピオン相田ももちゃん

最後の写真
イルブリール加藤社長

http://www.ilbrille.infohttp://www.ilbrille.inf

#ボディーボードやろうぜ
#ボディーボード
#イルヴリール
#美黒 @ スポーツ庁

あけましておめでとうございます!2020年!

12月31日大晦日はとても暖かかったですね。
初めての年越し蕎麦のない大晦日はなんだかとても静かな大晦日でした。

蕎麦屋の娘として生まれた私は、いつも31日は大忙しで両親はピリピリしていて
蕎麦屋を受け継いだ私もいつしか同じように緊張感がある年越しでした。
それがこんなふうに静かに迎えるなんて「大晦日じゃない!」って感じでした。

逆に31日に波乗り納めに行くことができました。
29日には煩悩の数と除夜の数と同じ回数の太陽礼拝を行いました。
一昨年はワークショップで受ける側だったのに、今回は初の1人太陽礼拝。
なんだか1人でやってみたくて、行いました。

40回ぐらいまではいつものように、内転筋やバンダをしめて、など呼吸に合わせて動いて行ったのに、そこからだんだん筋肉の動きが明確に出てきて、意識するというより一緒に動いてる感じがしました。
とても不思議な感覚。あれは筋肉が「一緒に動いていくからね!」そんなふうに別格の人格を持って共に行ってるようでした。

60回ぐらいから雑念が出てきて、ああでもない、こうでもないと邪魔してきました。
呼吸と雑念と、今行ってる回数とを集中しなくちゃいけない中での戦いみたいで
「雑念あっちいって!、吸って〜今50何回目〜」って(笑)何言ってるんだろって感じですよね!

ホワイトボードに10の正を書いていくんだけどそれだけでバランスが崩れてしまう

手は冷たいのに汗は背中をつたっていく・・そんな中、80回目ぐらいから急に静かになってきました。
なんだったんだろうさっきの雑念・・ただの邪魔だったのかな。
きっと私の呼吸の方が勝った!そんな感じでした。
そこからは丁寧に少しだけペースを落として、終わってしまうことへの寂しさが入り混じり、無事108回終えることができました。

とても清々しく、あたりのひかりに包まれて、穏やかにシャバーサナを行いました。

次の日の30日は大掃除!
窓の中から外からを拭いて、サッシを綺麗にして、エアコンを掃除して、
一切のホコリを拭きさりました。
今まで置いてあった飾りも2020年からは全て何もない状態にして、よりクリアな空間に
したいと思います。
皆さんがアーサナに集中して快適な空間となりますように。

最後は自分の庭で育てたセージを前にドライにしてあったので、焚いて、お香と煙で清めました。
セージはネイティブアメリカン
では「場を清める、神聖なもの」として使用されてきているので、私も行いました。
甘い香りがして、とてもいい空気になりました。
これで、2020年からのスタジオはスタンバイOKです!

ホワイトセージ!とてもいい香りがします!

そして話は戻して!
昨年は海にいっぱいいくこともできて、ヨガの勉強もたくさん学ぶことができて、新たな夢に向かって動き出せた大きな本当に大きな変動のある年でした。
これは周りの皆さんのご協力あってのことです。
この御恩をしっかり返せるように、今年もさらに頑張っていきたいと思います!

どうぞ本年もよろしくお願いいたします。
2020年1月1日

皆さんも良いお年をお過ごしください⭐️

遠くに富士山が見える大好きな友人宅からの海散歩で撮った葉山の海。
波ないけどたまにはこういうのもいいね!じゃないと波ばっかり気になって散歩どころじゃなくなっちゃうからね!

盲ろうヨガレッスン!

今月2回盲ろうの方のヨガレッスンを担当させていただきました!
(盲ろう=視覚と聴覚に障がいがある方)
1回目の時初めてで、いろいろ自分でも目を隠してヨガの練習をしたりしてみたのですが、とても難しいんです。
耳が聞こえないのは私も一緒なので、耳は一緒だとしても、視覚に頼らないヨガって?
そもそもどうやって伝える?私から相手に伝えるのは手を握りながらの手話なのですが、
もちろんサポートさんも来てくれます。
サポートさんは同じ聴覚障がいの方。(聴覚障がい=デフ/DEAF)

ヨガを聞こえる人に伝えるときはまず私が「このポーズをやります。」と伝えて、皆さんは目の前にいる私のポーズを見て同じポーズをして、そこからそのポイントや意識するべき場所をポーズを行いながら説明します。
でも盲ろうの方は、そのポーズを見ることが難しいので、一つ一つの形を伝えていきます。

例えば、スーリャナマスカーラ/太陽礼拝のことなんですが、まず基本の立ち方から伝えていきます。そこから息を吸って手をあげて〜となるのですが、手をどのように?どこまで?あげたらいいのかわからないと思うので、手の指先を天井に向けます。
とか息を吐きながら下を向くのだけど、腰の付け根から上半身を下に傾けていきます〜と言うのも、全部最初に説明をしてから行うので、相手が覚えていないと、出来ないわけで、だけど出来るんです!

記憶力の素晴らしさと、集中力の素晴らしさは半端ない。
そして自分の内側への入って行き方が抜群にずば抜けています。
誰も視界を遮る人もいなければ、誰かが喋っててそこに捉われる事もないから。
そして最後に吐く息と共に手を胸まで下ろして合唱していくさまは、なんとも言えない
神々しささえ感じました。

ヨガって凄いな。
誰でも出来るんだな。
目が見えなくとも、耳が聞こえなくとも、ヨガが楽しめるんだな。
そんな時間を通して私は心からインストラクターが出来る幸せを感じました。
皆さん本当に私のヨガを受けてくれて来てくれてありがとうございます。

私がちょうど去年の今頃ヨガインストラクターとしてデビューを果たした代々木公園でのパークヨガ!2018年!沢山の素敵なみなさんが来てくれました!シャバーサナの時。綺麗なイチョウの木の絨毯でした!


先日RYT200の卒業テストがありました。
講師と同じくRYT200や500を勉強している皆さんへヨガレッスンを行いました。
10人以上はいるので緊張しました。
大好きな友達も受けてくれて、とても嬉しかった。
春に学校へ行き始めた頃、桜の花が咲いていて、「これからどんな日々を過ごすのかな」
って不安げだった私。
まだ10ヶ月しか経ってないのに、随分前のような気がします。

そして今こうして、同じデフの方や盲ろうの方が私のヨガレッスンを受けに来てくれるなんて。とても幸せです。そしてとても楽しいです。
それはきっと私も同じ気持ちでヨガを受けてきたから。
不安な箇所を全て取り除いて、「任せてね!楽しいレッスンになるように頑張るからね」
本当にそんな気持ち。

もちろん、聞こえる方も共に一緒にいる時間とても、楽しいです。
何て言うかな・・
私が今まで「ちゃんとレッスン受けれるかな」「隣の人と同じポーズをやればいいから、真ん中に立つようにしよう」とか「先生なんて言ってるかわからないけど、自分に集中すればいいか」「あれ?何のポーズ?」とか言った聞こえなくてわからなかった不安を
全て解消して納得しながらポーズを完成できることの喜びをいっぱい伝えたい。

そこからヨガが好きになっていろんなスタジオや場所でヨガが1人でもできるといいな。
そんな想いもあります。
私が出会ってきた素晴らしい先生たちがいるように、皆さんにもいろんなヨガの先生に出会って欲しいと思います。

学校に通い始めた頃の桜。駅から信号を待ってる時に見える大きな桜の木。来年は卒業して見る景色になるので楽しみです!

まだまだRYT500を目指してるので、浮かれていられないけど!
でもみなさんに私が感じてきた素晴らしい先生の教えのもと、その先生たちの教えを伝えられるように、そして私が感じてきたことをミックスしながら、より良いインストラクションが出来る様にまだまだ頑張ります!
どうぞよろしくお願いいたします!